沖縄オプショナルツアーなら「スカイツアーズ」

沖縄で遊ぼう!!
沖縄オプショナルツアーなら「スカイツアーズ」
ご利用前日の16時まで受付中!
098-866-9666
デジタルパンフレット
  • 電話お問い合せ
  • デジタルパンフレット
  1. TOP
  2. 特集:沖縄のビーチを一挙紹介!

沖縄のビーチを一挙紹介!透明度抜群の白い砂浜で最高のバカンス♪

WEB最低価格プラン

このプランを見る

大人(13歳以上):4,000円 
小人(4~12歳):2,500円
幼児(3歳以下):1,000円
2015年デビュー!新艇サブマリンJr.Ⅱ(海中展望船)&万座ビーチリゾートランチパック(0歳以上)

このプランを見る

  1. 沖縄の極上ビーチ
  2. たくさんのアクティビティ
  3. 安全に楽しむポイント
  4. よくある質問

夏だ!海だ!沖縄に来たら行ってみたい極上ビーチ9選

夏といえば沖縄、沖縄といえば・・・、「青い空」「白い砂浜」「エメラルドブルーの海」といった南国のイメージをお持ちではないでしょうか。そんな沖縄で、家族や友達、大切な人と特別なひとときを過ごしたいあなたに送りたい!極上のビーチ9選をお届けします。

  • トイレありトイレあり
  • シャワーありシャワーあり
  • 無料駐車場あり無料駐車場あり
  • 有料駐車場あり有料駐車場あり

美々ビーチ:駐車場(有料:500円、11月~3月は無料)
コマカ島:トイレ(島内)シャワー・無料駐車場(知念海洋レジャーセンター内)
水納島:無料駐車場(渡久地港内)

北部

かりゆしビーチ

  • トイレあり
  • シャワーあり
  • 無料駐車場あり

中部

トロピカルビーチ

  • トイレあり
  • シャワーあり
  • 無料駐車場あり

西原マリンパーク

  • トイレあり
  • シャワーあり
  • 無料駐車場あり

北谷サンセットビーチ

  • トイレあり
  • シャワーあり
  • 無料駐車場あり

南部

あざまサンサンビーチ

  • トイレあり
  • シャワーあり
  • 有料駐車場あり

この夏、体験したい沖縄のアクティビティ!

沖縄に来たら、まずは海で楽しめるアクティビティを抑えておきたいところ。がっつり遊びたい人なら定番のシュノーケリングやダイビングがオススメです。さらに、フライボートやSUPといった最新アクティビティを楽しめるビーチも増えています。夏の思い出に、沖縄の海で満喫するアクティビティはいかがですか?

海遊びを安全に楽しむための6つのポイント

熱中症・日焼け対策
熱中症・日焼け対策
沖縄の日差しはとても強く、日焼けケアを怠るとお肌に炎症、火傷してしまうことも。そのため、日よけに日傘を持っておくと安心です。また、熱中症を起こすきっかけにもなるので、こまめに水分や塩分の補給しておくと良いでしょう。
遊泳禁止区域
遊泳禁止区域
ビーチには、自由に泳ぐことを禁止する遊泳禁止区域が定められています。例えば、ハブクラゲなどの危険生物に出会ったり、潮の流れが急に変わったりと大きな事故につながりかねません。ビーチ内にいる監視員やライフセーバーの指示に必ず従うようにしましょう。
危険生物
危険生物
沖縄の海には、何十種類以上の危険生物がたくさんいます。とくに、多くの人が海水浴に出かける7月から8月にかけて被害が重なっています。海に設置されているクラゲネットに近づかない、ウェットスーツや長袖Tシャツ・スパッツなどを着用するなど、肌の露出にも気を付けましょう。
危険な潮流
危険な潮流
沖縄の海には、何十種類以上の危険生物がたくさんいます。とくに、多くの人が海水浴に出かける7月から8月にかけて被害が重なっています。海に設置されているクラゲネットに近づかない、ウェットスーツや長袖Tシャツ・スパッツなどを着用するなど、肌の露出にも気を付けましょう。
ライフジャケット
ライフジャケット
泳ぎが得意な人や不得意な人に関わらず、海に出かけるときにはライフジャケットを持っていくことをオススメします。とくに、シュノーケリングで沖に進むときにはライフジャケットを着用しておくと安心して楽しめます。
体調と飲酒
体調と飲酒
体調不良や睡眠不足、飲酒時のときは正常のときよりも、海遊びに対する体の負担が大きいです。そのため、体調面に不安を感じるときや飲酒をしているときは決して海に入らないでください。

よくある質問

ビーチは雨でも営業しますか?
多少の雨であれば、遊泳禁止になることはありませんが、強風・波浪・雷注意報・警報発令時に遊泳禁止となり、ビーチクローズとなります。
ペットを連れてきて良いですか?
沖縄県内の管理ビーチではペット同伴でのご利用は禁止されています。
ビーチに危険生物はいますか?
はい。代表的な危険生物は以下になります。
1.ハブクラゲ 2.カツオノエボシ 3.ウンバチイソギンチャク 4.アンボイナ 5.ウミヘビ 6.ヒョウモンダコ 7.オニダルマオコゼ 8.ゴンズイ 9.ミノカサゴ 10.ガンガゼ 11.オニヒトデ
見かけたら近づかない、触らないでください。万が一被害にあった場合は、すぐに監視員に知らせ、応急処置をして病院で手当てをすることが重要です。
応急処置について
1.【ハブクラゲ】
こすらずに、食酢をたっぷりかけて、触手を洗い落とす → 氷または冷水で冷やす → 医療機関で治療を受ける。
2.【カツオノエボシ】
こずらずに、海水をかけて、触手を洗い落とす。 → 氷または冷水で冷やす → 医療機関で治療を受ける。
3.【ウンバイソギンチャク】
海水をかけて、刺胞球を洗い落とす → 氷または冷水で冷やす → 医療機関で治療を受ける。
※症状が長引いたり、腎臓が悪くなる場合もあるので必ず医療機関を受診して下さい。
4.【アンボイナ】
助けを呼び、安静にしてすぐに医療機関で治療を受ける
※呼吸停止の場合はすぐに人工呼吸を行う。
5.【ウミヘビ】
助けを呼び、安静にしてすぐに医療機関で治療を受かる。
6.【ヒョウモンダコ】
安静にし、すぐに医療機関で治療を受ける。
※口で毒を吸い出すのは非常に危険なので、絶対しないこと。
7.【オニダルマオコゼ】
棘が残っていれば、目に見える大きな棘は取り除く → 40~45℃程度のお湯に、30~60分→ 医療機関で治療を受ける。
8.【ゴンズイ】
棘が残っていれば、目に見える大きな棘は取り除く → 40~45℃程度のお湯に、30~60分 → 医療機関で治療を受ける。
9.【ミノカサゴ】
棘が残っていれば、目に見える大きな棘は取り除く → 40~45℃程度のお湯に、30~60分 → 医療機関で治療を受ける。
10.【ガンガゼ】
棘が残っていれば、目に見える大きな棘は取り除く → 40~45℃程度のお湯に、30~60分 → 医療機関で治療を受ける。
※棘を取り除く際には、必ずまっすぐに抜く。曲げたりゆすったりすると、棘が折れて体内に残ってしまう。
11.【オニヒトデ】
棘が残っていれば、目に見える大きな棘は取り除く → 40~45℃程度のお湯に、30~60分 → 医療機関で治療を受ける。
PAGE TOP